健康食品OEM企画 Vol.16 肌荒れの原因は花粉症? サプリでお肌を守る!

花粉シーズン、お肌のかゆみや乾燥など様々なトラブルにお悩みではありませんか?その症状、花粉が原因で引き起こされるバリア機能低下によるものかもしれません。今回はそのような症状にお困りの方にオススメの「お肌を健やかな状態に保つサプリメント」についてご紹介いたします。

化粧品による外側のケアだけでなく内側からのアプローチの重要性など、美肌を追求してきたコスメテックジャパンだからこそお伝えしたいポイントを説明していきます。ぜひ最後までご覧ください。

この記事は、オリジナル化粧品・健康食品受託製造(OEM/ODM)コスメテックジャパンOEM企画担当のT中が担当いたします。

 

春の嵐も一段落し、暖かな日が増えてきましたね。春の訪れに心が躍る一方で、毎年やってくる厄介者、花粉症にお困りの方は多いかと思います。

スタッフブログ用画像①
花粉によるトラブルには鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどがありますが、お肌にもお悩みが現れる方は少なくありません。お肌のゆらぎや乾燥、かゆみ、赤みが目立つなど花粉症シーズンのお肌悩みは多岐に及びます。

お肌のケアは化粧品による外側からのケアだけでなく、近年では食事や体内環境を整える内側からのアプローチに注目が集まっています。

今回、オリジナル化粧品・健康食品受託製造(OEM/ODM)コスメテックジャパンがご紹介するのは、花粉症シーズン特有のお悩みを改善する「お肌を健やかに保つサプリメント」です。

 

お肌にはバリア機能」という乾燥や外部刺激から肌を守る仕組みがあり、この機能が低下すると少しの刺激でもかゆみや肌荒れを起こしてしまいます。花粉症シーズンにあらわれる肌トラブルは、バリア機能を高めることで症状を緩和することが期待できます。

 

では、バリア機能を高めるにはどうすればよいのでしょうか?その鍵を握るのは“セラミド”です。セラミドはお肌の水分保持を担っており、セラミドが十分に備わっているお肌は潤いに満ち、外部刺激も受けにくいのです。セラミドは化粧品にも配合される成分ですが、栄養面のサポートにより「体内でのセラミド生成を促進する」ことができます。外から補うだけでなく、自身の力でセラミドを増やすことでお肌の底上げが期待できます。

 

セラミド産生を促進する成分「ナイアシン」は、海産物やキノコなど身近な食品に含まれており、成人女性の推奨摂取量は1日10~13mg、摂取するにはナイアシンを多く含む煮干しで換算すると約80gとなります。これは両手いっぱいの量に相当するので毎日食事で摂取するのは難しいですが、サプリメントでなら手軽に摂取することができます。

 

オリジナル化粧品・健康食品受託製造(OEM/ODM)のコスメテックジャパンではハーブや和漢植物など自然由来の成分にこだわった安心・安全なオリジナルのサプリメントもご提案可能です。

花粉によるお肌のお悩みを和らげ、健やかな状態を保つため、サプリメント・健康食品で内側からのスキンケアも取り入れてはいかがでしょうか。

 

ご興味がおありの方は、ぜひ一度オリジナル化粧品・健康食品受託製造(OEM/ODM)のコスメテックジャパンまでお問い合わせください。

オリジナル化粧品・健康食品受託製造(OEM/ODM)コスメテックジャパンのホームページはこちら