内側からのUVケア!

こんにちは、化粧品受託製造(OEM/ODM)のコスメテックジャパン、
OEM企画担当のN山です。

コスメテックジャパンの本社オフィスがある大阪では雨の日が続いていますが、早くも梅雨明けしている地域もあるようですね。
梅雨が明けるといよいよ夏本番。本格的な紫外線対策が必要ですが、UVケア機能のある化粧品の準備は整っているでしょうか?

これからの季節、強さを増す紫外線を防ぐために、日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、スキンケア化粧品でケアしたり、と肌の「外からのUVケア」に注力しがちです。
しかし、外側からのケアを徹底していたのに日焼けしてしまっていた…という経験、皆様もあるのではないでしょうか?
これは、外からのケアだけでは防ぎきれなかった紫外線ダメージによるものです。

そこで、最近私は紫外線ダメージに対する効果がある食品を積極的に摂取する「内側からのUVケア」に力を入れています。

IMG_3070 カカオの含有率が高いダークチョコレートには、ポリフェノールやカテキンが豊富に含まれており、紫外線から肌を守ってくれる効果があります。
また、アーモンドには、活性酸素を抑えてくれるビタミンEに加えて、紫外線から肌を守るケルセチンも含まれています。

他にも、抗酸化力が高いリコピンを含むトマトや、ポリフェノールとカテキンが豊富に含まれている緑茶なども、紫外線によるダメージを防ぐ効果があるとされています。

食品で摂取することが難しい場合は、サプリメントなどで手軽に取り入れることもおすすめです。
もちろん紫外線を身体の外側で防ぐことも大切ですので、日焼け止めやスキンケア化粧品などでケアすることも忘れないでください。
外側・内側両方からのケアで、紫外線に負けないお肌をつくりましょう!

コスメテックジャパンでは、身体の外側からアプローチするオリジナル化粧品だけでなく、内側から働きかける健康食品のOEM製造も承っております。
オリジナル化粧品やオリジナル健康食品のOEM製造をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

化粧品受託製造(OEM/ODM)のコスメテックジャパンのホームページはこちら