化粧品の顔、パッケージにもこだわりませんか?

こんにちは、化粧品受託製造(OEM/ODM)のコスメテックジャパン
OEM企画担当のT川です。

2月も半ば、まだまだ寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?この時期はインフルエンザなど様々な感染症が流行する時期なので、体調管理には気が抜けませんよね。私も、毎日の食事ではできるだけ体力や免疫力がつくものを摂るように心がけています。

食事を気にかけるようになり、最近注目しているのが食器です。同じメニューでも、食器ひとつ変えるだけで美味しそうに見えますし、気分も違いますよね。先日は、前から興味のあった陶芸の体験教室にも参加し、オリジナルのサラダボウル&お茶碗作りに挑戦してきました。イメージ通りのものが完成し、サラダのカラフルな色味やお米の白さが際立って毎日の食事が美味しく感じます。

E7006D35-6048-4ACA-A534-B200696972DE
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入れ物が大切なのは食事だけではありません。化粧品も、パッケージの形やデザインが異なるだけで全く違った印象を受けますよね。素敵な見た目に惹かれ、ついついパッケージ買いしてしまった…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私たちコスメテックジャパンは、受託製造する化粧品のコンセプト、テクスチャー、香りなどはもちろん、化粧品の顔となる容器・化粧箱の選定から、化粧品専門のデザイナーによるトレンドやコンセプト・販路を踏まえたオリジナルデザインまで、一貫して提案いたしております。

さらに、新しくなった大阪本社には、様々なメーカーの最新容器を取り揃えた『ドレスアップルーム』を完備。ここでは、実際の容器に触れ、サイズ感や質感をその場で確かめながらコンセプトや使用感にぴったり合った容器を効率よくお選びいただくことができ、大変ご好評をいただいております。

 

思わず手に取りたくなるようなオリジナル化粧品のOEM製造にご興味をお持ちの方は、化粧品受託製造(OEM/ODM)のコスメテックジャパンへお気軽にお問い合わせください。

化粧品受託製造(OEM/ODM)のコスメテックジャパンのホームページはこちら