飲む日焼け止めのOEMならコスメテックジャパンへ!

こんにちは。

オリジナル化粧品受託製造(OEM/ODM)

コスメテックジャパン

OEM企画担当のT川です。

 

今日から5月がスタート。上着の必要もなくなるほど暖かく、過ごしやすい日が増えた一方で、無防備に外出をしてうっかり日焼けをしてしまった!なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は私もその一人で、先週末にしっかり紫外線対策をして出かけたつもりが、帰宅をして鏡を見ると頬が真っ赤になっており、慌てて美白化粧品を買いに行きました。

そこで今日は、日中に日焼け止めの塗り直しがなかなかできない…、もっとしっかり紫外線対策をしたい!という方に是非お薦めしたい紫外線の対策方法をご紹介したいと思います。

それが、「飲む日焼け止め」です。

 

日焼け止めって肌に塗るものではないの?と驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、紫外線が肌へ与える影響に益々の注目が集まる中、身体の内側から紫外線によるダメージを防ぐことができるインナーケアが徐々に浸透しつつあります。

紫外線を浴びると、肌内部では炎症が起こったり、活性酸素が発生したりします。これらのダメージを放っておくと、メラノサイトを刺激してメラニンの製造が加速する、弾力をなくしシワが増加するなど、数々の恐ろしい影響を及ぼしてしまいます。このような肌ダメージを引き起こす、紫外線による炎症や活性酸素に体の内側からアプローチできるのが「飲む日焼け止め」です。

塗る日焼け止めにより、紫外線をブロックすることはもちろん大切ですが、飲む日焼け止めにより、紫外線が肌内部へ与えるダメージまでをもケアすることで、より効果的な紫外線対策が可能になるのです。

私は昨年、海外で販売されている飲む日焼け止めを購入し試してみましたが、心なしか例年よりも紫外線によるダメージが少なかったように感じました。最近では、日本製の商品も少しずつ増えており、クリニックやバラエティショップ、ネットなどでも購入できるようです。

 

オリジナル化粧品受託製造(OEM/ODM)のコスメテックジャパンでは、経口摂取による紫外線からの防御効果が証明された成分に加え、美白・美肌効果が期待できる成分も組み合わせたオリジナル処方の飲む日焼け止めの企画、受託製造が可能です。もちろん、日焼け止めやBBクリームといった外側からの紫外線対策ができるオリジナル化粧品のOEM製造と合わせてのご依頼も承っております。

身体の内側から紫外線対策ができる飲む日焼け止めのOEMにご興味をお持ちの方、化粧品と組み合わせて内外から紫外線対策ができる商品をお考えの方は、ぜひコスメテックジャパンにお問い合わせください。

化粧品受託製造(OEM/ODM)コスメテックジャパンのホームページはこちら